首にできるアクロコルドンって?

暑さが和らぎ過ごしやすい季節になってきましたね🍁
本日は首の周りによくできる「アクロコルドン(スキンタグとも呼ばれます)」についてご説明します。

🌸特徴
アクロコルドンは直径1~5mm前後の柔らかい良性腫瘍です。
首・脇・胸・鼠径部など皮膚の柔らかいところにできます。
皮膚の良性腫瘍で特に心配な病気ではありませんが、衣類でこすれたり、ねじれたりして炎症を生じることがあります。
色は肌の色から濃褐色までさまざまで、皮膚面から少し飛び出ています。
個人差はありますが、20歳代から徐々に出来始め、中高年以降に目立ってきます。

🌸治療
治療には大きく分けて二通りあります。
眼科用のハサミで茎の部分を切る治療です。
茎が1mm位までのものであれば傷痕はほとんど残りません。

液体窒素で凍らせる治療です。
処置中少し痛みがあり、処置後カサブタのように黒くなることがあります。
1~2週間位の間隔で数回の治療を継続していきます。

どちらも保険適応内で処置ができます。
大きさによっては手術が適応される場合もございます。

🌟「ネックレスに引っかかって気になる!」「最近大きくなってきた!」など、
気になる症状がある方はお早めにご相談くださいね😄

2020/09/14

早めに備えよう!秋の花粉について🍁

こんにちは😊

9月に入り日中はまだまだ暑い日が続いていますが、夕方になると少し涼しくなってきましたね🍁
引き続き体調管理には気を付けてくださいね😄

今回は、「秋の花粉」についてご紹介致します。
秋の花粉症は、夏の終わり頃~10月頃にかけて症状が出ます。

🌰秋の花粉の種類
ブタクサ
飛散時期は8月~10月頃
スギやヒノキに比べて背が低いため、花粉が遠くまで飛ぶことはない花粉です。

ヨモギ
飛散時期は8月中旬~10月頃
繁殖力が強く、雑草の生い茂る河川敷や空き地に群生していることが多いです。

カナムグラ
飛散時期は、8月下旬~10月頃
飛散距離は数十メートルと短く、花粉の量は少なめですが身近に生息していることが多いです。

ハウスダスト
秋は花粉だけでなく、ハウスダストによるアレルギーも起こりやすい季節です。
ハウスダストとは、室内にたまるホコリのことで、ダニの死骸やフン、カビなどが含まれています。
ダニは夏に繁殖しますが秋に死んでしまうため、秋はダニの死骸やフンが増加・蓄積しアレルギーが増えます。

🌰症状
・目の痒み、くしゃみ、鼻水、鼻づまり
・秋花粉は、粒子が小さいため気管支喘息のような症状がでる場合もあります。
・人によっては、肌荒れを引き起こす場合もあります。

🌰治療
・症状に合わせて内服点眼点鼻薬を処方します。(皮膚科でも点眼・点鼻薬の処方が可能です😊)
アレルギー検査も行っていますので、お気軽にご相談ください♪

🌰対策
・草原や河川敷、土手になるべく近づかない。
・帰宅後、衣服の花粉を払い落とす。
・外出の際はマスクや眼鏡を装着する。
・うがいや洗顔をする。

🌟秋の花粉は夏~秋にかけて季節の変わり目で、風邪と間違いやすいです。
気になる症状がございましたら、お早めにご相談下さいね🥰

2020/09/07

皮膚やアレルギーのお悩みに当院が全力でサポートいたします。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり民間薬などですませたりして悪化してしまうことがよくあります。

「皮膚疾患で病院は大袈裟」「こんな症状くらいでかかったら迷惑なんじゃ・・・」と思っている方にも「通って良かった」と思っていただけるよう、私たちは気軽に相談できる街のお医者さんを目指します。

さくら皮膚科スキンケアクリニック。ご予約・お問い合わせは03-3530-3001まで。
診療時間
診療時間
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療  
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※日曜・祝日休診