ニキビについて⑤【日常生活で気をつけること】

今回は、ニキビを防ぐために日常生活で気をつけた方が良いことをご案内します。

洗顔について
皮脂を落とそうとして1日に何回も洗顔したり、長時間洗顔料等でこするのは避けましょう。洗いすぎは皮脂の分泌を増加させ、ニキビの悪化の原因となるため洗顔は1日2回が基本です。石鹸や洗顔フォームをしっかり泡立てて、優しく洗ってください。泡のすすぎ残しはニキビの原因となります。ぬるま湯でしっかりすすいでください。あぶら性の方は脂性肌用の石鹸を使用すると、過剰な皮脂が取れて良いです。

食事について
偏った食事は皮脂の分泌を促したり、肌が欲しがるビタミンを不足させたりします。極端に食事を制限するなどの偏った食生活を避け、栄養バランスの良い食事を心掛けましょう。
ニキビ対策に有効なビタミンであるビタミンB群を積極的に摂れるように工夫しましょう。
ビタミンB群はお肌の為に特に必要なビタミンで、美肌の為のビタミンと言われていますが、ニキビを予防するためには、その中でも特にビタミンB2とビタミンB6がニキビには効果的です。レバー、肉類、乳製品、卵、緑黄色野菜などに多く含まれています。

髪型・服装について
ニキビに髪や肌が触れると、刺激になり、悪化の原因となります。自宅ではヘアバンドなどを使って、ニキビのある部分に髪の毛が触れないようにし、服装もできるだけ顔に触れないものを心掛けましょう。

睡眠・ストレスについて
睡眠不足は体調不良の原因となり、ニキビの悪化につながりますので、十分な睡眠をとりましょう。
ストレスは皮脂の分泌を高めます。ストレスや疲れをためないように、趣味や適度な運動、自分なりのリラックス法でストレスの少ない生活を送りましょう。

ニキビの連載も本日で最終回となります。最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
お肌についてお悩みがあれば、お気軽にご相談下さい!

2017/11/27

皮膚やアレルギーのお悩みに当院が全力でサポートいたします。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり民間薬などですませたりして悪化してしまうことがよくあります。

「皮膚疾患で病院は大袈裟」「こんな症状くらいでかかったら迷惑なんじゃ・・・」と思っている方にも「通って良かった」と思っていただけるよう、私たちは気軽に相談できる街のお医者さんを目指します。

さくら皮膚科スキンケアクリニック。ご予約・お問い合わせは03-3530-3001まで。
診療時間
診療時間
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療  
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※日曜・祝日休診