紫外線対策をしましょう🌞

こんにちは(^-^)
最近暖かい日が増えてきましたね。
そこで今回は、気になる紫外線についてお話したいと思います♫

紫外線(UV)とは?
地球に到達する太陽光線のうち、エネルギーの高い光を指します。
人間にとって必要な活性化ビタミンやホルモンは、紫外線によって作られています。
しかし過剰に浴びると、肌の老化やメラニン色素を過剰に促します。
UVA波:皮膚の奥深くまで届き細胞を破壊することで、シワやたるみの原因となります。
窓ガラスや雲を通過して皮膚の奥深くまで届くため、お天気など関係なく室内でも注意が必要です。
UVB波:皮膚や目に有害となり、炎症を起こしたり皮膚ガンの原因となります。
また過剰なメラニン色素を作り、シミやソバカスの原因にもなります。

🌞UVが強くなる時期は?
紫外線が一年の間で最も強くなるのは、5~9月です。
肌を老化させる原因の約8割はUVであり(あとの約2割は老化)、4月から特に日焼け対策が大切です。
しかUVは常に降り注いでいるため、1年を通して対策を行いましょう

🌞UV対策
・外出前に日焼け止めクリームを塗りましょう。
特に夏場は汗をかくため、2~3時間ごとに塗り直しが望ましいです。
・サングラスや長袖、日傘などで紫外線カットをしましょう。
・UVカット機能のある帽子をかぶりましょう。

🌞日焼け止めクリームの選び方
PA:UVA波をカットします。
『+』で表示され、多く表示されている方がカットする力が大きくなります。
SPF:UVB波をカットします。
『10~50』で表示され、数値が大きい方が効果が高くなります。
お悩みの方は、赤ちゃんや敏感肌の方まで幅広くご安心してお使いいただける商品をご案内しております。
サンプルのご用意がございますので、お試しになりたい方はスタッフまでお申し付けくださいね(*^-^*)

🌟日焼けの度合いによっては水ぶくれや痛み、皮むけ等といった辛い症状となる場合があります。
今年の大型連休に海外や国内にご旅行に行かれる方が多いと思いますが、快適に楽しめるようUV対策をしっかりと立てましょう❢

2019/03/18

皮膚やアレルギーのお悩みに当院が全力でサポートいたします。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり民間薬などですませたりして悪化してしまうことがよくあります。

「皮膚疾患で病院は大袈裟」「こんな症状くらいでかかったら迷惑なんじゃ・・・」と思っている方にも「通って良かった」と思っていただけるよう、私たちは気軽に相談できる街のお医者さんを目指します。

さくら皮膚科スキンケアクリニック。ご予約・お問い合わせは03-3530-3001まで。
診療時間
診療時間
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療  
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※日曜・祝日休診