酒さ(赤ら顔)について

こんにちは😊
猛暑の日々が続いておりますが、あっという間に今日で8月も終わりですね🍉
季節の変わり目に差し掛かりますので、体調管理には十分気を付けましょう!

さて、今回は見た目で気にされる方が多い、「酒さ(赤ら顔)」について紹介します。

🌸酒さとは?
なんらかの因子によって炎症を引き起こされた結果、鼻や頬が赤くなりひどくなるとプツプツとした皮疹が見られる病気です。
原因はいまだによくわかっていません。
しかし、過度の日光暴露飲酒刺激物の摂取
血管拡張剤の服用や副腎皮質ステロイド外用薬の塗布などは憎悪因子と言われています。

🌸症状
鼻先や頬、眉間、額に繰り返し生じる一過性の赤みや火照りが初期症状です。
次第に持続性の紅斑血管拡張がみられるようになります。
またさらに悪化すると、ニキビの様な皮疹(丘疹、膿疱)が見られたり、
皮膚が厚く肥厚しコブのように盛り上がってしまうこともあります。

🌸治療
ステロイドを使用すると症状の悪化が懸念されるため、アレルギーの免疫反応を抑える免疫抑制外用薬を使用します。
抗生物質や漢方薬の内服を処方する場合もあります。
また抗菌薬としてロゼックスゲルが酒さに効果的ともいわれており、保険適応外になりますが難治性の酒さに使用する場合もあります。

🌸日常生活で気を付けたい事
①洗顔
余分な皮脂、汚れを落とし清潔を保つことは大事ですが擦りすぎは酒さを悪化させる原因となります。
よく泡立てて顔の負担が少ないように洗いましょう

②食事
アルコール香辛料などの刺激物は酒さを悪化させる場合があるため摂りすぎには注意しましょう。

③紫外線
紫外線を長時間浴びる事も悪化させてしまう一因です。
そのため日傘帽子日焼け止めなどの紫外線対策が大切です。
また日焼け止めは皮脂や汗で落ちてしまうため、日中塗り直すとより効果的です。

🌟見た目のお悩みや、特に女性は化学物質に過敏になる為お化粧品選びが難しい疾患です😩
酒さは難治性の場合もあるため、まずは根気よく治療することが大切です😊
気になる症状がある方は、お早めにご相談くださいね♪

2020/08/31

皮膚やアレルギーのお悩みに当院が全力でサポートいたします。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり民間薬などですませたりして悪化してしまうことがよくあります。

「皮膚疾患で病院は大袈裟」「こんな症状くらいでかかったら迷惑なんじゃ・・・」と思っている方にも「通って良かった」と思っていただけるよう、私たちは気軽に相談できる街のお医者さんを目指します。

さくら皮膚科スキンケアクリニック。ご予約・お問い合わせは03-3530-3001まで。
診療時間
診療時間
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療  
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※日曜・祝日休診