春の花粉について

もうすぐ花粉が飛ぶ季節がやって来ますね🌷
飛散ピーク時の花粉症の症状を和らげるために、早めの対策が大切です♪
特に今年は新型コロナウィルスの関係もあり、くしゃみや鼻水といった飛沫により注意を払わなければなりません😟
今回は「春の花粉」についてご説明致します。

1月に、日本気象協会が今年の花粉症飛散予測を発表しました。
2021年は、2月初めから飛び始め、花粉飛沫用量が前シーズンの1.8倍と予測されています。
花粉症は日本人の4人に1人が発症すると言われており、どなたでも発症する可能性がある疾患です。

🌸春の花粉と飛散時期
・スギ花粉
スギ花粉の飛散時期は2~4月ピークは3月中旬頃とされています。
飛散量が多く、日本で最も多い花粉症の原因です。

・ヒノキ花粉
ヒノキ花粉の飛散時期はスギより少し遅く、3~5月ピークは4月頃とされています。
スギ花粉と合わせてヒノキ花粉も持っている人も多く、重症化しやすくなります。

🌸花粉症の症状
・連続し回数の多いくしゃみ
・水の様にさらさらとした鼻水
・鼻づまり
・目の痒みや充血
・皮膚に付着することによる肌荒れ
✎花粉症は風邪と違って、シーズン中症状が続きます😩

🌸治療
・くしゃみや鼻水を抑える抗アレルギー薬の内服
・目の痒みや鼻に使用する点眼、点鼻薬
・肌荒れの場合は、赤いや痒みを抑える塗り薬
📝花粉症は耳鼻科のイメージが多いですが、皮膚科でも診療致します♪
内服薬、点鼻薬、点眼薬、全て揃いますので他科受診が不要になります😊
また、アレルギー検査(採血)をして花粉症かどうか調べてみましょう☝
花粉症対策を練る上で、大切な鍵となってきます。

🌸対策
・飛散が多い日や時間帯は外出を控える
・外出時はマスクや眼鏡を装着する
・帰宅したら、玄関で衣服に付いた花粉をはらう
・帰宅後は、うがい手洗い、洗顔を行う
・衣服や布団をなるべく外に干さない

🌟昨年は花粉飛散量が少なかったため、症状が軽かった方も今年は注意が必要になりそうですね😩
先週あたりから、花粉症で受診される患者様も少しずつ増えてまいりました。
「あれ?鼻がムズムズ、あやしいな」と感じる方は、早めに治療を始めましょう❢

2021/01/25

皮膚やアレルギーのお悩みに当院が全力でサポートいたします。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり民間薬などですませたりして悪化してしまうことがよくあります。

「皮膚疾患で病院は大袈裟」「こんな症状くらいでかかったら迷惑なんじゃ・・・」と思っている方にも「通って良かった」と思っていただけるよう、私たちは気軽に相談できる街のお医者さんを目指します。

さくら皮膚科スキンケアクリニック。ご予約・お問い合わせは03-3530-3001まで。
診療時間
診療時間
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療  
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※日曜・祝日休診