手湿疹?水虫?なかなか治らない😟掌蹠膿疱症かもしれません❢

手洗い・消毒が欠かせないこの時期、「手湿疹」で受診される患者様が例年より増加しておりますが、
手湿疹が実は「掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)だった!」といった方も増えております。
そこで本日は、「掌蹠膿疱症」についてご紹介致します😊

🍫掌蹠膿疱症ってなに?
手のひらや足の裏に、左右対称に無菌性のうみ(膿疱)が繰り返しできる疾患です。
成人女性にやや多く、良くなったり悪くなったりを繰り返す慢性的な疾患ですが、
根気よく治療を続けることで治癒に至ります。

🍫原因は?
多くの例において、慢性扁桃炎などの上気道炎症状や、虫歯、中耳炎といった病巣感染がきっかけとなって膿疱が出現することが多いです。
また、金属アレルギーが関係していることもありますが、はっきりとした原因は分かっておりません。

🍫どんな症状があるの?
小水疱(みずぶくれ)、小膿疱
1~5mm程度の大きさの小さい水疱や膿疱ができます。
炎症とかゆみ
主に小水疱や小膿疱の周りやその部位に炎症反応が起こり、赤みや皮むけ痒みを生じます。
爪の変形、にごり
爪の下や周囲にも膿疱が生じることで、変形やにごりがみられる場合があります。
関節炎(合併症)
まれに胸肋鎖関節(胸骨と鎖骨を繋ぐ関節)や仙腸関節(首や腰)の関節炎を合併します。
掌蹠膿疱症の患者様の約10~35%に骨関節炎を合併していることが報告されています。

🍫検査
症状が白癬(水虫)や接触性皮膚炎と似ている為、鑑別のために顕微鏡検査を行う場合があります。
また、病巣感染の有無を確認するために採血検査を行う場合もあります。
金属アレルギーを疑う場合は、パッチテスト(保険適応)を行うことも可能です。

🍫治療方法
炎症を抑えるステロイド外用薬や飲み薬、痒みが強い場合は抗アレルギー薬の飲み薬を処方します。
また、症状によっては皮膚が形成される過程の異常を正常に戻すビタミン剤の内服を処方する場合もあります。
さらに慢性的に繰り返すことで皮膚が硬くなっている患者様には、皮膚を柔らかくする塗り薬を処方します。

📝掌蹠膿疱症と喫煙の関係🚬
はっきりと証明されてはいませんが、掌蹠膿疱症の患者様は喫煙者が多いと言われています。
実際の調査では、患者様の85.5%(112/131名)が喫煙者であったという結果が得られています。
したがって何らかの関係があるのではないかと考えられています。
健康のためにも、禁煙することをおすすめします。

🌟根気がいる治療ですが、多くは平均3~7年で軽快・完治すると言われています。
皮膚感染症ではなく、人にうつることはありませんのでご安心ください♪
「手湿疹がなかなか治らないな…😟」「水虫にしては赤みがひどいな😩」
といった方は、もしかしたら掌蹠膿疱症かもしれません!
治療法が違いますので、思い当たる方は皮膚科を受診しましょう😊

2021/02/08

皮膚やアレルギーのお悩みに当院が全力でサポートいたします。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり民間薬などですませたりして悪化してしまうことがよくあります。

「皮膚疾患で病院は大袈裟」「こんな症状くらいでかかったら迷惑なんじゃ・・・」と思っている方にも「通って良かった」と思っていただけるよう、私たちは気軽に相談できる街のお医者さんを目指します。

さくら皮膚科スキンケアクリニック。ご予約・お問い合わせは03-3530-3001まで。
診療時間
診療時間
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療  
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※日曜・祝日休診