🌻夏でも保湿?夏のスキンケア🌻

雨季に入り、ジメジメとしたお天気が続いておりますね☔
汗疹(あせも)やとびひ、虫刺され、水虫など、夏の皮膚トラブルでお悩みの方が増えて参りました😖
その際よく患者様から、「夏でも保湿は必要ですか?」といったご相談をいただきます。
そこで本日は、夏のスキンケアについてご紹介致しますね♫

Q:夏でも保湿剤は必要?
A:必要です💡
紫外線ダメージ、長時間の冷房によって皮膚の乾燥を招きます!
意外と夏でも保湿は大切なのです♫

🌻なぜ保湿が必要?
皮膚には、外からの異物の侵入外的刺激、反対に体内から必要な物質が外に出ていくのを防ぐ「バリア機能」があります。
乾燥するとそのバリア機能が損なわれ、刺激物質や細菌などが侵入しやすくなり、皮膚トラブルを生じます。
バリア機能を保つためには、皮膚を清潔にしっとりと保湿することが大切です。
汗や皮脂でしっとりするのとは異なりますので、夏でも保湿が必要です😊
保湿剤にはクリーム状や泡状のもの、ムース状や化粧水のようなタイプなど様々です。
季節にあったもの、その方に適したものをご案内しております♫

🌻清潔を保ちましょう
夏の皮膚トラブルは、紫外線によるものが多いです。
汗をかいたまま放置をすると、アトピーニキビの悪化汗疹などの原因となります。
汗をかいたら早めにシャワーを浴びたり、外出先ではこまめに汗を拭き取るように心がけましょう。

🌻紫外線対策をしましょう
夏は紫外線で肌の角質が乱れることから、肌の水分が蒸発しやすくなります。
さらに長時間冷房の効いた部屋にいると、余計に肌の乾燥を招きます。
また、紫外線はシミ・シワの原因ともなるため、日焼け止めを塗ったり日傘を差すなどUV対策を取りましょう!
特にお顔の保湿ケアは、ビタミンCが有効です♫
ご興味のある方はこちらをご覧ください😄

🌟夏は皮膚感染症が増える季節でもあります😩
あれ?と思うご症状がありましたら、お早めにご相談くださいね✨

2020/06/22

無料ドリンクのメニューが新しくなりました🍹⛱

気温30度近い夏日が連日続いておりますね🌞
まだ6月中旬ですが、いよいよ猛暑が近づいてきている気配がします!⛱

大変暑い中ご来院くださる患者様に、「少しでも涼しい快適な環境をご提供しよう!」ということで、
ドリンクバーのメニューを夏仕様にしてみました😊


🌟NEW🌟
せん茶🍵(夏にぴったり🌞すっきりとした飲み口です♫)
スパークリングドリンク🍹(シュワシュワ炭酸❢グレープフルーツ味)

早くも熱中症の注意喚起がされております😖💦
水分をしっかり補給し、涼んでエネルギーチャージしましょう❢💪✨

2020/06/17

夏に増える水イボって何?

少しずつ気温が高くなってきましたね🌞
水分をこまめにとり、熱中症に気を付けましょう🍉
本日は夏に増える「水イボ」についてご説明致します。

🌸水いぼとは?
1~5mm程度の光沢のある軟属腫ウイルスによる小さなイボです。
イボの中央にくぼみがあり、その中に白い芯のようなものがあるのが特徴です。
水イボには沢山のウイルスが含まれている為、潰したり、引っ掻いたりすると増えて広がってしまう可能性があります。
痛みや痒みなどの自覚症状がほとんどなく、半年~数年かけて自然治癒することもあります。
幼児~小学生低学年のお子様に多くみられます。

🌸イボがよくできる部位は?
胸やお腹などの皮膚の薄いところや、脇の下などのこすれる部位によくできます。
もともとアトピー性皮膚炎などを持つ、肌の弱いお子様は水イボがうつりやすい傾向にあります。

🌸治療について
専用のピンセットで水イボを1つ1つ摘除していきます。
しかしのまま摘除すると痛みを伴うため、当院では麻酔のテープ剤を使用しています。
摘除の60分ほど前に貼ることで、処置時の痛みを和らげる効果があります。
摘除の際少しの出血を伴いますが、ご自宅で塗り薬を塗る必要はございません。
🌟水イボの摘除は予約制になっております。詳細はこちらをご参照下さい♪
http://www.sss-clinic.com/blog/1226.html

🌸日常生活で気をつけたいこと
・兄弟間で感染することが多いため、バスタオルは別にしましょう。
・プールではタオルや浮き輪などは共有しないようにしましょう。
・乾燥肌のお子様は水イボがうつりやすい為、保湿剤を塗り毎日スキンケアを心掛けましょう。

症状が広がる前に早めの治療が大切です。
気になる症状がある方は早めにご相談下さいね(*^-^*)

2020/06/08

インタビュー記事が掲載されました!🎤

6月に入り、汗ばむ時期になりましたね⛱
外出する際、マスクを付けるのがだんだんと苦しくなってきました🙊
水分をこまめに取ったりなど、熱中症に気を付けながら引き続きコロナ対策を頑張りましょう!💪

さて、先日ですが院長の佐川先生【病院まちねっと】さんから取材を受けました😄🎤
皮膚科医としての治療方針や、先生のあたたかい想いが記事となり掲載されております🌸
ぜひ、ご覧いただけますと嬉しいです🌟


【病院まちねっと~千川さくら皮フ科クリニック~】

2020/06/05

皮膚やアレルギーのお悩みに当院が全力でサポートいたします。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり民間薬などですませたりして悪化してしまうことがよくあります。

「皮膚疾患で病院は大袈裟」「こんな症状くらいでかかったら迷惑なんじゃ・・・」と思っている方にも「通って良かった」と思っていただけるよう、私たちは気軽に相談できる街のお医者さんを目指します。

さくら皮膚科スキンケアクリニック。ご予約・お問い合わせは03-3530-3001まで。
診療時間
診療時間
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療  
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※日曜・祝日休診